« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.30

とってもだらしない寝相のキャバリア

キャバリアというと、高貴とか優雅といったイメージが一般的です。
加えて、人なつっこく優しい性格なので、飼い犬としては理想的であるとも言われています。

しかし、何事にも例外があります。

うちのアーサーは、まさしく「例外」^^

彼の寝姿に関する話題には事欠きませんが、
今回は、毛布を枕にしつつ、半白目で片足あげて寝ています。。。

何故こうなってしまうのか理解に苦しむところです^^




キャバリア画像07073001

キャバリア画像07073002

キャバリア画像07073003




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.20

鼻の短い犬は飛行機に乗れなくなるという話

数日前の北海道新聞に「今後、鼻の短い犬は飛行機の搭乗を断られる」という記事が載っていました。

JALが預かりをやめたのはブルドッグとフレンチブルドッグ。ANAの国際線貨物便が取り扱いをやめたのはブルドッグやシーズー、ボクサーなど鼻の短い犬たち。旅客便や国内貨物便では従来通り受け入れている。
鼻の短い犬がダメな理由は、短頭種は気道が狭く、鼻から肺への空気の通りが悪いため、空気のうすい上空では呼吸困難になる可能性が高い。「特にブルドッグは呼吸が下手。肥満だとさらに気道が狭い」。

とのこと。

さすがにブルドッグほではないが、キャバリアの鼻もかなり短い。
アーサーなど、興奮するとすぐに鼻が詰まって?ブーブー言っています。

今のところギリギリでセーフのようですが、
できることなら、飛行機は控えたほうが良いのかもしれません^^


キャバリア画像070720




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.15

やっぱり羽毛布団が好きな、うちのキャバリア

最近、うちのキャバリアのアーサーは、
自分の寝床などには見向きもしません。

目ざとく人間の寝具を見つけては、ちゃっかりと潜りこんでいるのですが、
羽毛布団とタオルケットの両方が狙える状況にあった場合、
間違いなく"羽毛布団"の中で寝ています^^

人が快適な物は犬にも快適ということなのでしょうが、
こんなに甘やかしていて良いものだろうかとも思います。

きっと、こんな状況を喜んで写真に撮ったりしているので、
ますます図に乗るのでしょうね^^


キャバリア画像070715

その他の寝姿はこちら



| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007.07.02

老犬コロとキャバリア・アーサーのツーショット

久々にコロ(雑種の老犬)とアーサーのツーショットが撮れました^^

コロは今年で17歳になる超長寿犬です。

もちろん歳なりに足腰は衰え、多少ボケてきている感は否めませんが、
まだまだ元気で若造キャバリアを追いかけまわしたりしています。

アーサーも心得たもので、つかず離れずコロの"運動"にお付き合いし、
ボケ防止に一役買っています。^^

基本的に仲はよい訳ですが、
唯一、アーサーがイスに上ってコロを見下ろしていると怒られ(吠えられ)ます。

きっと、こんなアホっぽいキャバリアが偉そうにしているのは、
長老のプライドが許さないのだと思います^^




キャバリアと老犬





| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »