« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.30

犬はなぜ人間の顔を舐めたがるのか

先日、「イヌ好きが気になる50の疑問」という本を買った。

挿し絵のイラストもとても可愛く、楽しく読ませてもらっているのだが、
一つ気になるページがありました。

犬が人間の顔、とくに口元を舐めるのは祖先であるオオカミの頃の名残だと
考えられており、犬の集団では、服従する犬がリーダーの口もとを舐めることは、
その犬に対する敬意を示すことになるそうです。

従って、人間の口もとを舐めるのは、リーダーや家族に対する信頼と服従の
証なのだそうです。


ですが、何事にも例外はあるもの。

アーサーも人間の顔をよく舐めたがるのですが、
そのしつこさといったら、想像を絶します^^

しかも、うっかり隙を見せようものなら瞬く間に襲いかかってきます。

これは、はたして本当に「信頼と服従の証」なのだろうか?
どう考えても、甘えん坊の本能に基づく、彼の自己満足としか思えません^^




キャバリア画像070830





| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007.08.18

猛暑の犬たち、それぞれの過ごし方

この夏は北海道も異例の猛暑でした。
昨日あたりからは少し涼しくなりましたが、犬たちも大変だった事と思います。

そんな中、彼らの過ごし方を観察してみると、
下の2枚の写真が今年の傾向を如実に物語っています。

老犬のコロは、たいてい扇風機の風がほどよく当たる場所に居てくれるので
助かりますが、問題はキャバリアのアーサー君^^

玄関なんかでひっくり返っていても多少はヒンヤリするのかもしれませんが、
今年の猛暑には焼け石に水だと思うのだが。。。

コロ爺さまに敬意を払って扇風機をゆずっているのか、
単に要領が悪いのか?

普段の行いから察するに、おそらく後者なのでしょう^^




老犬コロ画像070818

キャバリア画像070818




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.12

老犬の安眠妨害をするキャバリア、一部始終

ここのところ北海道でも猛暑が続いています。
人間はもとより、犬たちもかなり辛いのではないでしょうか。

そんな中、今日はアーサーを行水がてらお風呂に入れました。

飼い主的には、こんな暑い日の重労働は避けたいのですが、
しばらくお風呂をさぼっていた事実と、お盆休みに加えて今日は用事が無い
という状況により、決行することにしました^^

アーサーは水浴びができたおかげで、すっかりご機嫌でしたが、
彼のハイテンションのあおりを受けたのは老犬コロです。。。

アーサーが入浴中、彼のフキフキのために敷いておいたタオルケットの上で
うとうととまどろんでいたのですが、
アーサーは、そんなことにはお構いなし!

縦横無尽にタオルケットを這いずり回り、
ついにはコロ爺ちゃんを追い出してしまいました。

最後(7枚目の写真)には、意味不明な勝ち誇った顔をしております^^




キャバリア画像07081201

キャバリア画像07081202

キャバリア画像07081203

キャバリア画像07081204

キャバリア画像07081205

キャバリア画像07081206

キャバリア画像07081207




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.08.06

ダンボールでもいい犬

うちのキャバリアは狭いところがお気に入りです。

ミカンの形をしたハウスや、夏用の涼しい三角ハウス、
更には、お出かけ用のケージの中などを、こよなく愛しています^^

先日、不要になったダンボール箱をひっくり返して、中に毛布を敷いてやると、
そそくさと潜り込んでくつろいでいました^^

アーサーにとっては、とりあえず「狭ければ」何でも良いようです。

つまりは、何千円もするオシャレな犬用ハウスは、ワンコ自身よりも
「飼い主のためのモノ」なのでしょう。

ついつい財布の紐をゆるめてしまう私は、しょっちゅうペット産業の罠にハマってます^^


キャバリア画像07080601

キャバリア画像07080602

キャバリア画像07080603




| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007.08.03

迷子犬に対する、うちのワンコの意外な反応

先日、迷子のワンちゃんを保護しました。

近所の家の子であろうとは思いましたが、近くに飼い主らしき人もいなく、
車の行き交う通りの近くを一人でふらふらと歩いていたので、
とりあえず保護して連れて帰りました。

結果としてはすぐに飼い主が見つかり、
ゴン太君(この犬の名前)は無事、お家に帰っていきました。


意外だったのは、アーサー(我が家のキャバリア)の反応。。。

普通に考えると、知らない犬が来たので怒って吠えるか、
興味を示して、近づいて行くのだろうと想像していたのですが、
そんなそぶりは一切なし。

ひたすら、ゴン太君を抱っこした人間たちにまとわりつき、
クンクン、クンクンとしつこく臭いチェックをしてました^^

他の犬が自分のご主人さまに抱っこされたり、可愛がられるのが、
とっても気に入らないかのように見受けられました^^


↓種類がよくわからないゴン太君
Dsc_0014_edited1




| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »