2009.05.16

再びエリザベスカラー犬になる

今日、泌尿器系の問題で病院に行ったアーサーが、
なんと再びエリザベスカラーを付けて帰ってきました。


今回は3日ではずせることと、前回のカラーより一回り小さいのが
不幸中の幸いですが、本人は不満をぶちまけていました^^


二度あることは三度ないように願います。。。




Dsc_0006_edited1

Dsc_0004_edited1




| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009.05.12

エリザベスカラーが取れました!

まぶたの手術のため約2週間にわたって巨大なカラーの着用
強いられていましたが、やっとはずすことができました!


カラーを付けている間は視界は狭くなるは、
かゆいところも掻けないはで、アーサーもストレスが
たまりっぱなしでした。


術後は良好です。


一時、糸のせいで目が半分くらいしか開かなく、
このままだったらどうしようとマジで心配しましたが、
抜糸したら元通りパッチリ開くようになりホッとしています^^




Dsc_0092_edited1

Dsc_0085_edited1




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.04.22

エリザベスカラーな犬

数ヶ月前からまぶたにイボのような物できていましたが、
日を追うごとに大きくなり、眼球に傷を付けるおそれが
でてきたので手術することになりました。


手術自体は簡単で、朝預けて夕方には引き取れる
1日コースで済みました。


ですが犬の手術にはエリザベスカラーがお約束!


一人では水も飲めず、ご飯も食べられないので、都度、
介助してやる必要があります。


更に、プライドが高いのか、カラーを付けたまま散歩(おしっこ)に
行くのも抵抗しています。


抜糸の予定は2週間後なのですが、カラーを付けられた本人はもとより
周りの人間達もたいへんです。


カラーがとれても甘えん坊に拍車が掛かりそうです^^




P1010006_edited1

P1010004_edited1

Img_7334_edited1

Img_7335_edited1

Img_7337_edited1




| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.11.15

アーサー、病院に行く

先日、アーサーを連れて高橋動物病院に行ってきました。

下痢に血がまざっていたので慌てて診てもらったのですが、
結果は食事のアレルギーではないかとの事でした。

今はアレルギー食に変えて様子をみているところです。

それと、まぶたのところに小さなできものができていたので併せて診てもらったのですが、こちらは単なる良性の「イボ」で、高齢になってくるとよくできるそうです。

アーサーは行動も仕草も子供っぽいので、8歳という実感がまったく無いのですが、
そろそろ"高齢"に片足をつっこんでいるんですね^^


診察台の上です↓
081112_164606




| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.10.05

巻き爪にご用心

巻き爪を経験したことがありますか?
といっても、犬のことですが。

少し前から、やたらと前足を舐めるようになったキャバリアのアーサー君、

ヘンな癖がついちゃったなぁとは思ったものの、
さして気にもせずに放っておいたら、そのうち痛がるようになってきました。

トゲでも刺さったかと、よくよく観察してみると、
足の少し上の方にある爪(正式には何と言うのだろう)が、見事に巻いて
肉に刺さっていました。。。

素人が下手に切るとタイヘンな事になるような気がして、
毎度お馴染み、高橋動物病院のお世話になりました。

飼い主の管理不行き届きです^^
最近、忙しさにかまけてアーサーのお手入れをサボってました。

アーサー様、ゴメンなさい^^

それにしても、足に触ると抵抗して大暴れしていたくせに、
病院で女の先生に爪を切ってもらう時はとっても大人しくて良い子でした。

ちょっと信用できないキャバリアです^^


病院の駐車場にて
Nec_0006_edited0003_1

キャバリア、アーサー♪

Nec_0004_edited0002_1




| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.09.06

キャバリアの耳に関する話

先日、アーサーを連れて掛かり付けの病院(高橋動物病院)に行ってきました。

ワクチン接種のついでに、痒がる耳を診てもらったところマラセチア性外耳炎
との事。マラセチアとはカビの一種だそうです。

「耳にカビが生えた」と言われると結構ショック^^ ですが、よく聞くと、この菌は
正常な状態でも存在しているらしいです。但し、何らかの原因で過剰に増殖し、
痒みや炎症を引き起こすとの事。

「予防はどうすれば良いですか?」と、素朴な疑問を投げかけたところ、「垂れ耳の
犬は防ぎようがありません」という、これまた素朴な答えが返ってきました^^

要するにキャバリアの宿命なのでしょう。飲み薬と付け薬をもらって帰ってきました。
この日以来、寝ているスキに耳をめくって風通しを良くしてやっています^^




Nec_0002_edited0001

Nec_0004_edited0002

↓まな板の鯉ならぬ、「まな板のキャバリア」
Nec_0006_edited0003




| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.07.28

垂れ耳にご用心

先日アーサーを連れて、
掛かりつけの高橋動物病院に行ってきました。
(とてもていねいでオススメの病院です)

どうも最近、アーサーの耳がくちゃいと思って診てもらったら、
炎症ができていました。

塗り薬と、飲み薬を処方されたのですが、
根本的な予防方法はないようです。(垂れ耳ワンコの運命! )

この日以来、アーサーが寝ている時を見計らっては、
耳をめくって風通しを良くしてやってます^^




高橋動物病院




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.14

アーサー受難の日

今日はワクチンを受けに行ってきました。
アーサー掛かり付けの高橋動物病院です。

この病院、うちから結構遠い。
いきおい、物はついでとばかりに色々お願いしてしまいました。

まずはワクチン。
→お尻に体温計を突っ込まれた後、背中に注射!

目ヤニが出るんですけど。。。
→目薬をさされる。

耳の中を診て欲しいんですけど。。
→検査器具で覗かれた後、綿棒でグリグリされ、薬を塗られる。
(軽い外耳炎との事)

肛門絞りをお願いできますか。。。。
→目一杯、絞りあげられる。


それにしても感心するのは、一言もワンとかキャンとか声を上げない事です。
足はピクピクしていますが。。。
(根性無しという説もある^^)


イヤな予感がふつふつと。。。
IMG_2788_edited0003

IMG_2780_edited0001

IMG_2785_edited0002




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.24

今日は投薬日

今日はフィラリア薬の投薬日です。

といっても、今回もらっているのは「ジャーキータイプ」なので、
アーサーにしてみれば"単なるおやつ"

見てください、
この嬉しそうな顔。

人間の薬も、こんなに美味しければなぁ。。。


IMG_2547_edited0001




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.05.29

目薬など

先日、抜糸したついでに目ヤニ&涙について相談してみたところ、
若干充血しているので目薬で様子をみましょう、という事になりました。

「メ、目薬ですか。。。自分にさすのもへたくそなのに、うまくできますかねぇ」
「気付かれないように後頭部側からさしてやると大丈夫ですよ。ほれ!」

お~~、言われてみると当たり前すぎるほど当たり前だが、ちょっと感動!
アーサーの出目にもすんなりさせました。


が。。。
目薬をさされても、まばたき一つせずにすましているアーサーが居る。

もしもし。今、目薬さしたんですけど^^
しかも、ちょいと失敗して大量に入っちゃったんですけど。。。


けっこう、お高い。1500円なり。
IMG_1865_edited0002

こういう体勢で後頭部方面からポトリとたらします^^
IMG_1860_edited0001




| | コメント (4) | トラックバック (0)